ゲーミングおかあさん

ゲームと歌とわたし

孤独が僕を育てていく

何かをみれば自然と感想が生まれる。頭で考えなくても、それはあたりまえのようにわいてきて、心のど真ん中にどーんとある。置きっぱなしにして通り過ぎることもあるけれど、どかさないと前に進めないようなときは、ツイッターでつぶやく。ツイッターは、わたしの中に置いておけないものを置くのにちょうどいい場所だ。

でも最近その場所がすこし、息苦しく感じていた。これはわたしの感覚なのだが、ツイートに多くのレスポンスがついてスレッド化しているものと、ぽつぽつとレスポンスがあるもの、レスポンスを求めていないようなものでは見え方が違う。芸能人や配信者など多くのフォロワーを抱えたひとのツイートは、タイムラインの中でもひときわ派手な色で目立つし、思わずぽつりとひとりごちたツイートは凪いだ水面のように透明だ。それらがタイムライン上でうまく調和するように、苦手なものからは離れ、たとえ自分とは違う色でもおもしろそうなら足してみる、など細かい調整をしながら整えているのだけど、おそらく最近はそれがあんまりうまくいってなかったのだと思う。

わたしは1つの視点にかたよって話が進んでいると、確かにそうみえるしそう感じるけれど別の角度からみたら違う景色がみえるかもしれないと思ってしまう。例えば夫への不満をつぶやいている人がいたとする。それをみて、実際にその場面にいあわせたわけでもないのに、全面的に話者である妻の味方をする人がいる。夫をこきおろす人もいる。もちろんそれが不満を抱えている人への優しさだということくらい、わたしにもわかる。解決することではなく、吐き出すことそのものが目的なのだというのもわかる。でも、わたしにはそれができないのだ。もしかしたら夫が100%悪いのかもしれないけれど、夫側の事情や主張も知らないままその話に入っていくことが難しい。話に入らなくても、見てしまえば感想が生まれるから、なるべく見ないようにする。そんな風に避けて通るものが増えてくると、少しずつ息が苦しくなるのだ。

そして、この息苦しさについて誰かに話すと必ず、「みんな腹の中ではいろいろ思っていても、それを言うとめんどくさいことになるから同調してるだけでしょ」と言われる。上司に話しても、友達に話しても、ほとんどそう返ってくる。言いたいことはわかる。でも、違うんだ。わたしは自分が理解できない行動を分析して理解したいわけじゃない。芽生えてしまった違和感を聞いてもらいたいだけなのだ。でも、結果的に、集団になじんだ行動もとれない、そこに違和感を感じることについての共感も得られない、ただただ人づきあいの下手さを思い知らされて終わる。それも、ぼんやりとした息苦しさの一因なのだと思う。

そうやって、やんわりとした息苦しさや生きづらさをときどき感じながらも、大きく調子を崩さずに済んでいるのは、完全に夫のおかげである。夫は、たぶん半分くらいは、わたしの気持ちをわかってくれている。もともと彼自身は「めんどくさいことになるから同調してるだけ」説を推す人だし、そんなのスルーしたらいいんだよと思っている人だけど、わたしがそうできないことを知っているから、とりあえずそうかそうかと話を聞いてくれる。そうかそうかと聞いてくれるから、話しているうちに散らばっていた思いがまとまって、すんと落ち着く。そんな風に話を聞いてくれるひとがいつもそばにいてくれることは、とても尊いことだ。孤独がわたしを育てていくけれど、安らげる場所は確かにここにある。とてもとても、尊いことだと思う。

youtu.be

深い春の隅で

5年間不登校だった息子という増田を読んだ。親の気持ちはさておき、自分の意志を親に伝えて学校に行くことを決められたのが本当によかったと思う。まわりの意向ではなく、本人が言い出して、(親の力も借りつつ)本人が動き出せたのだから、こんなに最高なことはないよね。そのうえで先ほどさておいた親の気持ちを思うと、胸がきゅっとなる。勝手な想像ではあるけれど、ひとつ後悔という名前の荷がおりただろうなと思う。いやほんとうに勝手な想像なので、ぜんぜん違うかもしれないけど。

この増田を読んで思ったことを忘れないように書き留めておくと、やっぱりポイントはコミュニケーションなんだよなと思う。うまくいくときも、つまずくときも、元を辿っていくとだいたいコミュニケーションの問題に行き着くんだよなぁ。コミュニケーションの問題とひとことで言っても、内容は人それぞれなので明確な答えがあるわけじゃない。たとえば、美しく優しい言葉を使って人を不快にしたり攻撃したりしなければ誰とでもうまくいきそうだけど、実際はそんなことないよね。別の何かが逆鱗に触れて人間関係ぶっ壊れることなんてざらにある。

相手と自分のあいだを繋ぐのがコミュニケーションだとすると、その形は人によって変わる。あたりまえのことなんだけれど、多分そこがめっちゃ重要なんだと思う。相手をみる・相手を知る・相手を想うみたいなことをすっ飛ばして、自分のいいと信じる方法のみでゴリ押しコミュニケートしようとすると厳しいじゃん。だって、それがいいか悪いかを決めるのは自分じゃないから。ということはコミュニケーション力を上げたいなら、ある程度の経験値が必要ってことになる。そして経験から学ぶ姿勢と訓練、それらを底上げしてサポートする知識が揃うと、理由はわからないが人とうまくコミュニケーションとれない、みたいなモヤっとした状況からは一歩抜け出せるんじゃないかなと思う。専門家ではないので、あくまで自分はそう思うという話だけど。

わたしが人間関係むずかしーって悩んでいた思春期は、今みたいにオンラインでいろんな人と繋がる時代じゃなかったから、経験を積むことそのものがものすごく難しかった。ひとりっ子で周りには自分に関心のない大人しかいなくて、学校では浮きまくっていじめられたりハブられたりして、それでもなぜか異性にはモテるという偏りまくった環境の中で、独力でコミュニケーション力あげるなんて無理ゲーすぎた。その頃よりは知識も経験も学びもぐっと増えたと思うけれど、40過ぎてもまだまだ下手くそだし学ぶことばっかり。でも学びがたくさんあるのは伸びしろがあるということなので、きっとこれからもわたしは成長できるはずだ。てゆか、していきたい。

だから増田の息子さんも、コミュニケーションがうまくとれなくて人間関係で悩んでいる人も、自分を知って相手を知ろうとする姿勢、足りないものをカバーする知識を得ること、そして経験を積むことをやめなければ、今より良くなる未来しかないと思う。そのなかで自分の考えと合う人、合わないところもあるけれど一緒にいたいと思える人が見つかって、それが友達だったり家族だったり自分にとってかけがえのない宝物になるんだと思う。クソみたいなことばかりだったわたしでさえそうなれたんだから、きっとみんな大丈夫だ。

おなかすいた。

youtu.be

また、しわをあわせて

不機嫌やイライラは誰かにぶつけるものじゃなくて、自分で何かをしたりしなかったりして浄化するものだと思っている。自分だけでなんとかできないなら、医療やひとに頼るしかない。もちろん完璧な人間などいないので、つい誰かに八つ当たりしてしまうことや、自分でも気づかないうちにイライラを振りまいてしまうこともあるだろう。わたしにもある。でも勘違いするな。言い訳をするな。それは決して「していいこと」ではないし、「にんげんだもの、しかたない」と自分勝手に自分を赦していいものでもない。ぶつけられた側がさまざまな感情を経て赦すときに、はじめて赦されるのだ。

わたしは今までもこれからもずっと、誰かの不機嫌やイライラを全身全霊で受け止めるサンドバッグにはならない。それがどれだけ大切な家族でも、友達でも。もしそれを赦したらどうなるか?だんだん殴る力が強く激しくなって、そのうち受け止めきれなくなったサンドバッグにイライラしはじめる。そしてもっと殴っても倒れない頑丈なサンドバッグを求めだす。そんな負の連鎖に巻き込まれるのは絶対に嫌なのだ。

心をコントロールするのは難しい。だからこそ、制御できなかったとき、間違ってしまったとき、言いわけをせずに謝るひとでありたい。そして2度と繰り返さないようにどうすればいいか考えて、行動できるひとでいたい。自分だけではどうしようもないとき、誰かに助けを求められるひとになりたい。

ひさしぶりの日記が不穏で笑っちゃう。

youtu.be

めぐる季節の中で生きていくということ

きのうTwitterを眺めていたら「Protect your daughter,Educate your son」と書かれた画像が流れてきた。そのTweetは画像のみでテキストは一切なかったので、そこに込められた思いや背景はこちらが勝手に想像するしかないという前提で感想を述べると、あんまり好きじゃない考え方だ。女だろうが男だろうがみんな守るべきだし、男だろうが女だろうがみんな教育するべきだと思うからだ。わたしなら「Protect your daughter child,Educate your child」とする。

SNSなどを中心に、女性に対する根強い差別的考えや慣習に対して、女性自身が声をあげやすくなってきたのはとてもとてもよい流れだと思う。でもその声の中には「それは逆に男性を差別しているのでは?」というものもある。怒りや憤りを表出させて差別に立ち向かうのは、立場を逆転させるのではなく平らにするのが目的なはず。戦う相手や目的は常に見失わないようにしたい。

youtu.be

刺さった枯れ木に注いだ火

何かひどいことに遭遇したときや、理不尽なことをされたときに、証拠写真を撮ったりメモを取ったりするのは当然のことだ。交通事故とか、いじめとか、何かの被害にあったときなどは特に。でもそれってSNSを使って不特定多数のひとたちに知らせて「こんなひどいことする人がいるんですよ!信じられます?」って広めるためにすることじゃないよなと思う。

まずは当事者同士で解決を図る、そのためにできることをする、それでも相手が真摯に対応しない場合や、バックレるそぶりをみせる場合は、第三者に間に入ってもらう。物事を解決するための順番をすっ飛ばして、まっさきにSNS上で晒すやり方は嫌だなと思う。正しいとか間違っているとかじゃなくて(それはわたしが決めることじゃない)、シンプルに好きじゃない。

何かがあったときに誰かにわかってほしい、悔しさや悲しさ、怒りや憤りを共有したいというのはとてもよくわかる。だれかに「ひどい!」「そんなことするなんて信じられない!」って言ってもらえたら、自分のなかのそれらの感情に少し区切りがついて、溜飲が下がることもあるから。でも…証拠写真を添付したり、手紙やメッセージを無断転載したりするのはもう少しよく考えた方がいいのでは?と思う。

当事者同士での話し合いや謝罪の機会をすっとばすということは、とてもとてもこわいことだ。失敗や間違いを許さない、謝罪や反省の機会を与えない、それはつまり常に相手に完璧を求めるということだし、自分にも求められるということ。もちろん謝っても許されないことはある。それでも安易に晒す、炎上させる、そのうえで叩くというやり方がスタンダードになるのはこわいことだと思う。

そんなことを感じた1日だった。

youtu.be

諦めの悪い私の癖みたいで

おそるおそる心のリハビリをしている感じ。ときどき癇癪をおこして、しばらくして落ち着いたら自己嫌悪におちいって、落ち込んでを繰り返している。とはいえ、ごはんはとてもおいしいし、夜はたくさん眠れているから大崩れはしないと思う。仕事でもゲームでも、自分がちゃんと人の役に立っていて、必要とされていることを感じられないと、やる気の泉はいつか枯れる。そのことを忘れないようにしたい。

youtu.be